脱毛ラボ 北九州市

MENU

小倉店

小倉駅前店への行き方

小倉駅南口を出て、右斜め前のマクドナルドやアパマンショップがある方の階段を降ります。

 

マクドナルドとアパマンショップの間から小倉中央商店街を進みます。吉野家を右折します。アーケードを抜けて紫川さくら通りに突き当たったら左折します。

 

しばらく進むと、左斜め前に井筒屋があります。その手前の交差点にある1階が鳥井耳鼻咽喉科医院のあるビルの6階が脱毛ラボ小倉店です。

 

【住所】福岡県北九州市小倉北区京町1-2-24 小倉新興ビル 6F
【営業時間】10:00〜21:45
【定休日】年中無休
【提携駐車場】タイムズ京町1丁目(福岡県北九州市小倉北区京町1-6)
※紫川さくら通り沿いの平面駐車場、大きな柳の木の向かい

 

「S.S.C.方式」の脱毛の仕組み

脱毛ラボで採用されている「S.S.C.方式」は、従来の光脱毛とは仕組みが異なります。従来の光脱毛は、「フラッシュ脱毛」などと呼ばれているIPL脱毛です。

 

IPL脱毛では、黒色に反応する光を毛のメラニン色素に照射させます。IPL脱毛は毛根の毛母細胞の中にある毛乳頭に、熱によるダメージを与えて脱毛する方法です。

 

S.S.C.方式では、肌に塗った専用のジェルに光を照射しますから、肌へのダメージが少なくなると言われています。

 

IPL脱毛は黒色にしか反応しないことから、うぶ毛のような色の薄い毛だと脱毛が難しくなります。S.S.C.方式で使われる専用ジェルには抑毛効果がありますから、うぶ毛をおさえることもできるでしょう。

 

濃くて太いムダ毛が生えているところと、細くて色の薄いうぶ毛の生えやすい部位とで、使い分けると良さそうです。

 

光の種類

従来のIPL脱毛では「キセノンランプ」を利用していますが、S.S.C.方式は「クリプトンライト」を使用しています。キセノンランプは、キセノンガスを閉じ込めたガラス管に電流を流して発光させています。

 

カメラのフラッシュなどにも応用されていることから、フラッシュ脱毛と呼ばれています。IPL脱毛は、短時間に強い光を発することができます。

 

クリプトンライトは、キセノンランプよりパワーが弱い光で、抑毛成分入りの専用ジェルを塗ったところに光をあてます。光を利用するという点では同じように感じられますが、S.S.C.方式の方は脱毛というより抑毛に近い方法でしょう。

 

脱毛ラボは、閉店時間が遅い

脱毛の施術に通いたいものの、仕事が終わってからだとお店も閉まっている、という方は多いのではないでしょうか。1

 

9時や20時くらいまでしか営業していない脱毛サロンが多いですし、平日など仕事が終わってから施術を受けたいと思ってもそれができない現実があります。

 

脱毛ラボだと夜22時まで営業しているためそのような心配もありません。

 

業界の常識を打ち破る夜22時までの営業となっていますから、これなら仕事が終わってからでも余裕で通うことができるでしょう。残業などで遅くなっても間に合う時間でしょうし、これならトータルで脱毛の施術期間も短くなります。

 

口コミ

大学生の頃、「脱毛」が手の届く値段になり流行り始めました。福岡県の小倉にある「脱毛ラボ」で初めて全身脱毛をした時のことです。

 

希望はしていなかったのですが、VIO(デリケートゾーン)もコースに含まれておりました。

 

施術の前に、自宅でデリケートゾーンを全て剃って来てください、との指示があり、自分で皮膚の薄そうな、しかもとても見えづらい部分に刃を入れるのがとても怖かったです。剃り残しが多く、当日担当の方に剃ってもらうことに…これはこれで申し訳なかったです。

 

さて、恥を捨てていざ。施術中は、担当の方も慣れているのか淡々と作業を進めていらっしゃいました。

 

脱毛は、皮膚が薄い部分は一瞬チカッとした痛みがあるので心配でしたが、全然我慢出来るものでした。無事に施術完了、だったのですが、大変なのはその後でした。

 

剃った毛が伸び始め、歩くたびに陰部に毛が刺さり、とても痛痒いのです。これはたまらん…一緒に施術していた友人も同じことを言っておりました。その後順調に伸びるとそのようなことはなくなったので、最初だけの我慢でした。

 

脱毛ラボは、大手museと比べると値段がかなりリーズナブルです。その理由は、1円単位のコストカットを何箇所も何箇所も行なっているからだとか。

 

そのため施設は簡易なもので、museのような美容系サロンという雰囲気はなく、簡素なものですが、施術内容に変わりがないので安心してお願い出来ました。とてもおすすめです!

 

 

≫無料カウンセリング申込み≪